段取り八分

先日、あるクライアント様の撮影に立ち会わせてもらいました。
楽天とYahoo!にそれぞれアパレル系の商品を出品されているクライアント様で、
秋冬商品の撮影でした。

2日間での撮影でしたが、その間に、アパレル29品番、バッグ45品番、小物9品番、
合計83品番を完了させなければいけませんでした。
また、今回、アパレル商品はモデルを起用しての撮影だったため、初日にアパレル系を、
2日目にその他商品を撮影する段取りで進行しました。

今回の撮影では、その段取りと進行がもっとも大変だったと感じています。
クライアントと撮影に関する打ち合わせが、撮影の前日だったこともあり、
事前準備もそこそこに、撮影当日はとても慌ただしく、効率よく動かなければいけませんでした。
効率よく動くことができた一番の要因は、撮影スタジオの方々の助けです。
僕ではわからなかった撮影段取りを事細かく組んでいただき、
どういう順番に撮ればモデルに負担なくスムーズに進められるかも出していただけました。
そしてモデルの方も、いざカメラを目の前にするとプロの表情・動きになり、
時間がオーバーすることも、大きな問題が発生することもなく、無事に撮影は終了しました。

段取り八分とは良く言いますが、それぞれがやるべきことをやり、またフォローいただいたりして、
時間がない中でも最大限のことをやったからこそ、2日間の撮影が無事に終了することができたと
あらためて学ぶことができました。

商品撮影は終えたものの、まだまだこのクライアント様はこれからです。
いかにして投入した商品を訴求して売上を立てていくかが、これからの役目です。

僕が言うのもアレですが、商品自体は非常に良いです。
直接、バイヤーさんがイタリアやフランス、イギリスなどに行き、
自分たちの目で見て買い付けされてきた商品なので、間違いはないと思います。

もし興味のある方はサイト名をお伝えしますので、下記アドレスに一方ください!
nishimura@softcom.jp




top